女の人

アミノ酸のサプリメントが人気|妙薬のご加護を

昔の人たちも使っていた薬

サプリ

様々な効果がある

サポニンは植物の茎や葉、根などに含まれる有機化合物です。種類によってコレステロールを除去したり、血栓などを作る物質を溶かしたり、免疫力や肝機能を高めたりすることで知られています。特に健康に効果があると注目されているのは、大豆と高麗ニンジン由来のサポニンです。漢方薬などに使われていて、昔からその効果は認められていました。1900年代初めごろにはその効果についての論文も発表されています。サポニンはいろいろな植物に含まれていますが、その植物によって健康への効果も違います。大豆や高麗ニンジンは安全性が確認されていますが、桔梗などに含まれるサポニンは過剰に摂ると吐き気を引き起こしたり、溶血作用があるので注意が必要です。

予防にも症状改善にも

大豆由来のサポニンはブドウ糖と脂質が合体するのを抑制する働きがあります。脂肪が蓄積されにくくなるので肥満を改善したり、コレステロールの値を低下させる効果があります。高麗ニンジン由来のサポニンは血中の血栓を溶かしたり、毛細血管の血流を良くする働きがあるので動脈硬化やドロドロ血液の改善に効果があります。その他にもナチュラルキラー細胞という免疫細胞を活発化させたり、脂質の抑制から肝機能をサポートしたりと、予防だけでなく、すでに病気の場合でも症状の改善が見込まれます。サポニンはいろいろな植物から摂取できますが、希望の効果があるサポニンをとらなくてはいけません。サプリメントなどで効果を確認し、手軽に継続することがお勧めです。